執筆著書・論文|めまい・頭痛・しびれ・脳卒中・パーキンソン病・生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症)や日常的疾患(風邪・腹痛)などでお悩みの方の健康にお役に立つような情報の掲載

執筆著書・論文

執筆書・総説

  • 今日の治療指針〈2009年版〉私はこうして治療している Meige(メイジュ)症候群
  • EBM 神経疾患の治療 2009-2010 中外医学社
    帯状疱疹にステロイドは有効か
  • EBM 神経疾患の治療 2007-2008 中外医学社
    帯状疱疹にステロイドは有効か
  • 井上 健、松本昌泰
    脳卒中急性期の降圧療法.血圧12: 718-719, 2005.
  • Inoue K, Shirai T, Hashizume A, Harada T, Kaseda Y, Mimori Y, Nakamura S, Matsumoto M. Somatosensory-evoked fields in Alzheimer’s disease. International Congress Series 2003;1252:411-415.
    (アルツハイマー病患者さんにおける体性感覚誘発磁場について)
  • 井上 健、白井拓史、三森康世 Mutimodality evoked potential.Clinical Neuroscience2002;20:1001-1002.
  • 井上 健、三森康世 頸部筋力と反射の検査. Clinical Neuroscience2000;18:64-65.
  • 井上 健 ダイポール. J Clinical Rehabilitation 2000;9:1194-1199.
  • 体性感覚誘発電位, 磁場について−神経機能の解明−
    井上健, 白井拓史, 原田俊英, 三森康世, 松本昌泰
    臨床病理 52(1): 77-80, 2004.

テレビ・新聞

論 文

  • Somatosensory mechanical response and digit somatotopy within cortical areas of the postcentral gyrus in humans: an MEG study. Inoue K, Nakanishi K, Hadoush H, Kurumadani H, Hashizume A, Sunagawa T, Ochi M. Hum Brain Mapp. 2013 Jul;34(7):1559-67.
    (人が高次脳機能を獲得したのは体性感覚野が離れることを意識するようになったため)
  • Ipsilateral primary sensorimotor cortical response to mechanical tactile stimuli. Hadoush H, Inoue K, Nakanishi K, Kurumadani H, Sunagawa T, Ochi M. Neuroreport. 2010 Jan 27;21(2):108-13.
    (広島大学大学院生を指導した時の論文です)
  • Inoue K, Kitamura J, Yoneda M, Imamura E, Tokinobu H. Hashimoto's encephalopathy presenting with micrographia as a typical feature of parkinsonism. Neurol Sci. 2012;33:395-7.
    (パーキンソン病様症状を呈した患者さんを橋本脳症と診断し完治させた報告です)
  • Inoue K, Nakanishi K, Hadoush H, Kurumadani H, Hashizume A, Sunagawa T, Ochi M.Somatosensory mechanical response and digit somatotopy within cortical areas of the postcentral gyrus in humans: An MEG study.
    Hum Brain Mapp 2012.
    (日本臨床神経生理学会で優秀演題に選ばれた研究です)
  • Hadoush H, Inoue K, Nakanishi K, Kurumadani H, Sunagawa T, Ochi M. Ipsilateral primary sensorimotor cortical response to mechanical tactile stimuli.
    Neuroreport 2010;21:108-13.
  • Hemmi S, Inoue K, Murakami T, Sunada Y. Comparison of the sensitivities of plantar nerve conduction techniques for early detection of diabetic sensory polyneuropathy.
    Electromyogr Clin Neurophysiol. 2010;50:269-75.
    (糖尿病性神経障害を早期発見するための新たな手法の検討です)
  • Kutoku Y, Inoue K, Murakami T, Sunada Y. [Case of chronic progressive encephalo-myelo-radiculo-neuropathy]. Rinsho Shinkeigaku. 2010;50:325-8.
  • Inoue K, Hemmi S, Miyaishi M, Kutoku Y, Murakami T, Kurokawa K, Sunada Y. Muscular fatigue and decremental response to repetitive nerve stimulation in X-linked spinobulbar muscular atrophy.
    Eur J Neurol.
    2009;16:76-80.
    (遺伝性球脊髄筋萎縮症の患者さんにおける筋疲労現象を電気生理学的に検討しました)
  • Hemmi S, Inoue K, Kutoku Y, Rikimaru M, Murakami T, Sunada Y. [Two brothers with very late onset of muscle weakness in X-linked recessive spinal and bulbar muscular atrophy].Rinsho Shinkeigaku. 2009;49:22-6.
    (高齢発症の遺伝性球脊髄筋萎縮症の患者さんの症例報告です)
  • Hemmi S, Kutoku Y, Inoue K, Murakami T, Sunada Y. Tongue fasciculations in chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy. Muscle Nerve. 2008;38:1341-3.
    (慢性炎症性脱髄性多発神経炎の患者さんに見られた舌の繊維束収縮についてです)
  • Hemmi S, Inoue K, Murakami T, Sunada Y. Simple and novel method to measure distal sensory nerve conduction of the medial planter nerve. Muscle Nerve 2007;36:307-12.
    (足底神経を計測する新たな方法の開発です)
  • Inoue K, Rogers JD. Botulinum toxin injection into Riolan’s muscle: somatosensory ‘trick’. Eur Neurol 2007;58:138-41.
    (ボツリヌス毒素をリオラン筋に注射する:感覚‘トリック’を使用した新たな治療法です)
  • 三森康世、勝岡宏之、井上 健、宮地隆史、堀江ノブコ、松本昌泰、亀井英一
    脊髄障害患者にみられる手の振戦の神経生理学的検討(第2報).脊髄機能診断学27: 91-95, 2006.
  • Inoue K, Shirai T, Nakanishi K, Hashizume A, Harada T, Matsumoto M. Difference in somatosensory evoked fields elicited by mechanical and electrical stimulations. Human Brain Mapp 2005;24:274-83.
    (体性感覚誘発磁場の機械的刺激と電気的刺激による誘発のされ方の違いについて)
  • Horie N, Inoue K, Shirai T, Hashizume A, Nakanishi K, Harada T, Kawakami H, Kohriyama T, Mimori Y, Matsumoto M. Activation of human SII cortex during exploratory finger movement and hand clenching tasks. Neuroreport.
    2005;16:145-8.
  • Nakanishi K, Fujimoto Y, Tanaka N, Iwase Y, Inoue K, Ishida O, Ochi M. Visualization of temporal increase in compound nerve action magnetic fields in the human median nerve during ischemia. Neuroimage 2005;25:642-5.
  • Inoue K, Hashimoto I, Shirai T, Kawakami H, Miyachi T, Mimori Y, Matsumoto M. Disinhibition of the somatosensory cortex in cervical dystonia-decreased amplitudes of high-frequency oscillations. Clin Neurophysiol.
    2004;115:1624-30.
    (頚部ジストニア患者さんの大脳皮質のGABAが減少しているではないかと考えた論文です)
  • Shirai T, Inoue K, Hashizume A, Nakanishi K, Harada T, Mimori Y, Matsumoto M. Human reactions to physical stimulus and the removal of such stimulus as recorded by magnetoencephalography. Neurosci Lett. 2004;362:10-3.
  • Inoue K, Shirai T, Harada T, Mimori Y, Matsumoto M. [Somatosensory evoked potentials/fields--exploration of brain function] Rinsho Byori. 2004;52:77-80. Review. Japanese.
  • Inoue K, Harada T, Kaseda Y, Mimori Y, Hashizume A, Hashimoto I, Matsumoto M. Effects of movement on somatosensory N20m fields and high-frequency oscillations. Neuroreport. 2002;13:1861-4.
  • Inoue K, Yamashita T, Harada T, Nakamura S. Role of human SII cortices in sensorimotor integration. Clin Neurophysiol. 2002;113:1573-8.
  • Inoue K, Mimori Y, Nakamura S. N10 potential as an antidromic motor evoked potential in a median nerve short-latency somatosensory evoked potential study. J Clin Neurophysiol. 2002;19:37-42.
  • Oda M, Izumi Y, Fukumoto S, Tamura Y, Mrukawa A, Terasawa H, Ito H, Inoue K, Nakamura S. A case of progressive supranuclear palsy with palilalia and echolalia. J of the Hiroshima Medical Association. 2002:55;54-56.
  • 抗GD1b抗体および抗GQ1b抗体の上昇をみとめ重篤な自律神経障害を合併したGuillain-Barre症候群の1例
    井上 健 , 郡山 達男 , 池田 順子 , 丸山 博文 , 中村 重信
    臨床神経学 42(1), 13-17, 2002-01-01
  • 亜急性脊髄連合変性症の2例
    中村 重信 , 長谷川 大爾 , 片村 嘉男 , 高橋 哲也 , 井上 健
    ビタミン2001;75:485-6.
  • 重症筋無力症が発症し表面化したと考えられるアレルギー性肉芽腫性血管炎の1例
    麻奥 良子 , 柳田 実郎 , 三重野 寛 , 柘植 雅貴 , 井上 健 , 山下 拓史 , 中村 重信
    アレルギー 2001;50:295.
  • 谷脇雅也、井上 健、郡山達男、中村重信
    慢性脱髄性多発性根神経炎と多発性硬化症の合併.神経内科54: 386-387, 2001
  • 井上 健、三森康世、織田雅也、永野義人、仲 博満、立木規子、檜垣雅裕、堀江ノブコ、村上喜生、中村重信
    末梢神経伝導検査各指標の検査間・検者間再現性に関する検討.総合保健科学17: 1-6, 2001
  • 原田俊英、山村有美、石崎文子、秀 道広、森田栄信、井上 健、山本昇壯、中村重信
    てんかん発作と脳波異常を合併したコリン性蕁麻疹について.脳神経53: 863-868, 2001
  • 井上 健、三森康世、藤田之彦、山田 徹、Yeh M alcolm、白井拓史、中村重信
    体性感覚誘発電位におけるN10電位発生起源について-筋萎縮性側索硬化症と健常人感覚神経刺激選択的刺激による検討-.脊髄電気診断学23: 87-21, 2001
  • 井上 健、三森康世、村上喜生、岡崎正典、満岡恭子、越智一秀、北惠詩穂里、大本健吉、原田俊英、郡山達男、勝岡宏之、中村重信
    糖尿病性神経障害に対するepalrestat(キネダック_錠)の長期有用性-電気生理学的アプローチ.現代医療33:2438-2445, 2001
  • Shiga Y, Yamada T, Ofuji A, Fujita Y, Kawamura T, Inoue K, Hada Y, Yamazaki H, Cheng MH, Yeh MH. Effects of stimulus intensity on latency and conduction time of short-latency somatosensory evoked potentials. Clin Electroencephalogr. 2001;32:75-81.
  • Inoue K, Hashimoto I, Nakamura S. High-frequency oscillations in human posterior tibial somatosensory evoked potentials are enhanced in patients with Parkinson's disease and multiple system atrophy. Neurosci Lett.
    2001;297:89-92.
    (パーキンソン病と多系統萎縮症における高周波律動について)
  • Inoue K, Mimori Y, Harada T, Oshita T, Kumagai R, Nakamura S. The relationship between photosensitive temporal lobe epilepsy and eye closure activity. Seizure. 2000;9:347-51.
    (光過敏性側頭葉てんかんと閉眼動作との関係について)
  • 井上 健、三森康世、中村重信、山田 徹、Yeh M
    正中神経SSEPにおける電位N10について健常者と筋萎縮性側索硬化症者の比較検討. 脊髄電気診断学 22: 115-117, 2000
  • Yamada T, Shiga U, Kawamura T, Inoue K, Ofuji A, Hada Y, Cheng MH, Yeh M, Ross M. The palmomental reflex elicitation by electrical stimulation of the median nerve. Electroencephalogr Clin Neurophysiol Suppl. 1999;49:77-80.
    (正中神経を電気刺激して生じた手掌おとがい反射について)
  • Fujita Y, Yamada T, Inoue K, Sato A, Katayama M, Ofuji A, Fujita H, Yeh M. Origin of the "N10" stationary-field potential after median nerve stimulation. J Clin Neurophysiol. 1999;16:69-76.
  • Kawakami H, Tanaka K, Nakayama T, Inoue K, Nakamura S. Cloning and expression of a human glutamate transporter. Biochem Biophys Res Commun. 1994;28:199:171-6.
  • 脊髄疾患患者にみられる手の振戦の臨床的・生理学的検討
    勝岡宏之,井上 健,満岡恭子,加世田ゆみ子,亀井英一,三森康世,中村重信
    脊髄機能診断学 24 95-99 2002年
  • 電流知覚閾値(CPT)検査による糖尿病性神経障害の評価
    三森康世, 井上健, 岡崎正典, 勝岡宏之
    プラクティス 17(3) 240-242 2000年5月
  • 膠原病性ニューロパチーに対するlipo prostaglandin E1の効果
    加世田ゆみ子, 郡山達男, 井上健, 中野葉子, 三森康世, 山村安弘, 中村重信
    神経治療学 13(3): 275-280, 1996.
  • 膠原病によるニューロパチーおよび末梢循環不全に対するLipo PGE1の効果
    井上健, 加世田ゆみ子, 中野葉子, 原田暁, 郡山達男, 三森康世, 山村安弘, 中村重信
    広島大学医学部第3内科
    新薬と臨牀 43(1): 107-115, 1994.
    (私の恩師であります広島大学名誉教授 山村安弘先生から直接ご指導していただいて執筆した私の書いた最初の論文です。)
  • B-53ミトコンドリア機能異常を呈したFSH型筋ジストロフィー症に対するCoQ大量療法およびPSL短期繰り返し併用療法
    片山禎夫, 阪田千種, 黒川勝己, 井上健, 中村重信
    神経治療学 11(5): 496-496, 1994.
当院へ画像診断を依頼される先生へ
当院では昨年より以下の検査をしております。ご利用していただけると幸いに存じます。
  • MRI(要予約ですが当日でも可能な場合があります)*頭部MRI MRA VSRAD など*肩関節 膝関節 足関節 手指 頚椎 胸椎 腰椎 など
  • CT(要予約ですが当日でも可能です)*頭部 頚部 胸部 腹部 骨盤部
  • 骨密度(要予約ですが当日でも可能です)腰椎・大腿骨(指示なければ右のみ)
  • 脳波(火曜日と水曜日午前 完全予約)
  • 超音波検査(頚動脈・甲状腺・心臓・乳腺・腹部・下肢静脈など/火曜日と水曜日午前完全予約)

MRIとCTについては遠隔画像診断による放射線科医師の読影結果を検査翌日(翌日が休みの場合は休み明け)午後にFAXにてお知らせいたします。結果画像は患者さんにCDにコピーさせてお渡ししますが所有権は貴院にありますのでよろしくお願いします。

脳波についてはCDにて読み込み判読結果を添付させていただきます(脳波を紙で返却することはできません)。結果は一週間以内に郵送させていただきます(事情によりその場での返却も可能です)。

超音波検査についてはCDにて主要画像の読み込みと判読結果を添付させていただきます。当日にお返しできます(当院からは超音波画像はプリントアウトしません)。

画像診断ファーストチョイス一覧
画像診断依頼時に必要となる書類