診療内容について(脳神経内科)|まひ・しびれ・ろれつが回らない(脳梗塞・脳血栓・脳出血)/めまい・ふらつき・嘔吐(脳梗塞・脳腫瘍・良性発作性頭位めまい症・メニエール病等)/頭痛(片頭痛[偏頭痛]・緊張型頭痛・群発頭痛・薬剤の使用過多による頭痛・くも膜下出血・脳腫瘍・その他の二次性頭痛)/物忘れ(アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・正常圧水頭症等)/眼瞼・顔面のけいれん(片側顔面けいれん、眼瞼けいれん、痙性斜頸)/手足の筋肉がつっぱったり痺れる(筋萎縮性側索硬化症・重症筋無力症・多発性硬化症・上肢痙縮・下肢痙縮)/パーキンソン病・橋本脳症

診療内容

脳神経内科について

脳神経内科とは、脳・脊髄・自律神経・末梢神経・筋肉において起きる様々な病気に対して、手術を行うことなく、生活習慣の見直し、投薬・リハビリなどの内科的アプローチで症状の改善を目指す診療科です。

脳神経内科で扱う症状は複雑多岐にわたり、どの診療科で診てもらえばよいのか、一般の方々ではなかなか判断がつかないことが多いと思います。

脳神経内科イメージ

そこで脳神経内科で扱う代表的な症状を、下記のようにおおまかにまとめてみました。
少しでも「この症状って脳神経科で診てもらえばいいの?」と思われている方の参考になればと思います。

脳神経内科で扱う主な症状

まひ・しびれ・ろれつが回らない(脳梗塞・脳血栓・脳出血)
  • 朝起きたら片方の手足だけ思うように動かなくなった
  • 体のしびれがとれない
  • ろれつが回らなくなった .....など
めまい・ふらつき・嘔吐
(脳梗塞・脳腫瘍・良性発作性頭位めまい症・メニエール病等)
  • 慢性的なめまい
  • すぐふらふらする
  • 吐き気、もしくは嘔吐を繰り返す .....など
頭痛片頭痛[偏頭痛]・緊張型頭痛・群発頭痛・薬剤の使用過多による頭痛・くも膜下出血・脳腫瘍・その他の二次性頭痛)
  • 慢性的な頭痛
  • 今まで経験したことのない頭痛
  • 吐き気・めまいを伴う頭痛
  • 頭痛で目が覚める .....など
眼瞼・顔面のけいれん(片側顔面けいれん・眼瞼けいれん・痙性斜頸)
  • まぶたや顔がピクピクする .....など
日中のねむけ(睡眠障害・睡眠時無呼吸症候群・脳症など)
  • 車を運転していて急に眠くなる
  • テレビを見ていて眠くなる
  • いびきが強い・無呼吸がある
  • 夜間なんども目覚める .....など
ふるえ・手足のこわばり・脱力(パーキンソン病など)
  • 年をとって手が震えるようになった
  • 動作が遅くなった
  • 手足に力が入らなくなった .....など

以上のような症状が脳神経内科で扱う代表的なものです。
命に関わる重大な疾患のケースも多く、いずれも早期の「的確な診断」と「治療の開始」がとても重要になります。

上記のような症状でお悩みの場合は、まずはお気軽にご来院いただき、受診されることをオススメします。

片頭痛の患者を年間500人以上診察。頭痛はコントロールできる

日本人の840万人が罹患しているとされる片頭痛。苦しんだ経験のある方も多いのではないでしょうか。これくらいは仕方ないと我慢しがちな頭痛ですが、「頑張ればかなりのレベルでコントロールできますよ」と話すのは、いのうえ内科脳神経クリニックの院長、井上健さんです。 井上さんは、お父さんが昭和45年に開業した医院を引き継ぎ、平成24年8月より同クリニックで診察を開始。以来、風邪や腹痛などの一般的な病気をはじめ、専門の脳神経内科で頭痛・めまい・しびれなどの症状から脳卒中・パーキンソン病・運動機能異常、脳脊髄末梢神経関連の整形外科疾患・脳神経外科疾患まで幅広く治療を行ってきました。昨年は片頭痛だけで500人以上を診察。西洋医学を根本としながら、東洋医学も積極的に取り入れた治療には定評があります。 「頭痛は投薬治療に加えて、生活習慣の改善や体操などでかなりコントロールできます。子どもと大人では症状の出方が違ったり、誘発要因も人によって異なったりとさまざまですが、当クリニックでは予防薬として一人一人の患者さんにぴったりと合った漢方も処方することで大きな効果を上げています」。 軽い頭痛だと市販薬を使う方も多いと思いますが、これも使い過ぎると「薬剤の使用過多による頭痛」を引き起こすこともあるそうです。「月に15日以上市販薬を使う生活が3ヶ月以上続くとそうなります。ここまで来ると薬も効かなくなり日常生活に支障をきたす場合も。しかしながらこの頭痛も予防薬と頓服薬を併用する治療で改善が期待されますので、まずは診察を受けてほしいですね」と井上さんは言います。

「診察室に入る姿勢」や「表情」から、思いもよらなかった病気を発見

脳神経内科専門の医師として、これまで数多くの患者を診てきた井上さん。単なる頭痛あるいは原因不明と思われていた患者さんから、思いもよらなかった病気を発見することもあるそうです。 4年ほど前から頭痛が始まり、2年前からは毎日頭痛に苦しんでいたある患者さんの場合、これまでMRI検査やCT検査をしても緊張型頭痛あるいは原因不明とされ、なかなか改善されませんでした。 「問診では症状は頭痛と全身倦怠感のみとのことでしたので、これだけではやはり緊張型頭痛と診断されてもおかしくはありません。しかし私は患者さんが診察室に入ってくる姿勢と歩き方や顔の表情を見てパーキンソン病と思いました。当初患者さんもご家族も半信半疑でしたが、私の説明で納得され、投薬治療することで2週間後の再診時には全く頭痛はなくなっていました」。 また、原因不明の息苦しさで10年近くも総合病院の呼吸器科にかかっていた患者さんの場合、その「表情」を見ただけで微妙な表情筋の筋萎縮と口唇周囲の震えに気付き、遺伝子の異常が原因で発症する球脊髄性筋萎縮症であると分かるなど、「専門医だからこそ」のお話には驚くことばかりです。 「『餅は餅屋』で、経験を積むといろいろ分かるようになるんですよ」と穏やかに微笑む井上さん。専門医を受診することの重要性を痛感しました。

たかが頭痛、されど頭痛。「気軽に専門医を受診してほしい」

「町のかかりつけ医として多くの患者さんから慕われている父の姿は、子ども心にショッキングでした」と医師を志した原点を振り返る井上さん。高校時代は数学の道に進もうとするも結局は医学部へ進学。「真似したつもりはないけれど、気付けば専門も研究分野も父と全く同じ。不思議ですね」と笑顔をみせます。 広島大学病院、川崎医科大学付属病院などで経験を重ね、県立広島病院脳神経内科部長を経て、父の医院を継ぐ形で独立しました。「生前、父は私に『やりたいようにやった方がいい』と言ってくれました。それは経営のことばかり考えるのではなく、患者さんのためになることをしろという意味だと考えています。そのため設備投資も積極的に行い、MRIやCT、脳波計、筋電計、超音波エコーなど各種検査機器も充実させました。頭痛に関連する内科疾患から精神疾患まで網羅するために、これらの検査機器が活躍することも多いです」。  地域の身近な医院として親しまれてきたこれまでの歴史は生かしつつ、専門の脳神経の分野に特化した治療にもさらに力を入れていきたいと話す井上さん。「『たかが頭痛、されど頭痛』で、その裏にはくも膜下出血や脳腫瘍など命にかかわる病気が隠れていることも…。また貧血や甲状腺異常など一般内科の病気が原因の場合もありますし、睡眠時無呼吸症候群が見つかる人もいます。たかが頭痛と軽視せず、まずは気軽に当クリニックを訪れてほしいですね」。

[早期受診 & 治療が奏功した例]
2006年私どもが県立広島病院で働いていたころ、初診で小刻み歩行・緩徐歩行・指振戦・小字症といったパーキンソン症状を呈した患者が来院され、患者さんはパーキンソン病でなく橋本脳症であると診断したことがあります(Neuroclogical science 33:395-397,2012)。患者はステロイド治療で即日に軽快しました。
腹痛と歩行障害を主訴に某総合病院に受診し原因不明だった患者さんが翌日に下肢脱力を主訴に私の外来に来院されました。なんとパルボウイルス感染による前脊髄動脈症候群でした。抗血小板治療やステロイド治療で現在はスポーツもできる状態に回復されております。
アルツハイマー病と診断されていた患者さんが実は神経梅毒でありペニシリン治療にて完全治癒となったことがあります。
下垂足により歩行障害を呈していた患者さんを電気生理的検査により頸髄症によるものと診断しました(通常は腓骨神経麻痺や末梢での障害がほとんどで頸髄症はまれ)。患者さんは手術後下垂足が軽快されました。
[新たな治療]
広島大学病院時代に開眼失行(不随意運動のため目が開けれずに機能的失明状態になる)の患者さんに対して眼瞼周囲のリオラン筋にボツリヌス毒素を注射することで症状の緩和を認めることを統計学的に実証して報告しました。(K Inoue, J Rogers. Eur Neurol 2007;58:138-141)
メイジュ症候群(眼瞼けいれんを含む不随意運動)の患者さんには抑肝散の漢方薬が効果あると執筆しました。以後国内で抑肝散の処方の適応に眼瞼けいれん・頚性斜頸を適応とする流れがでてきました。(今日の治療指針2010年版)
当院へ画像診断を依頼される先生へ
当院では昨年より以下の検査をしております。ご利用していただけると幸いに存じます。
  • MRI(要予約ですが当日でも可能な場合があります)*頭部MRI MRA VSRAD など*肩関節 膝関節 足関節 手指 頚椎 胸椎 腰椎 など
  • CT(要予約ですが当日でも可能です)*頭部 頚部 胸部 腹部 骨盤部
  • 骨密度(要予約ですが当日でも可能です)腰椎・大腿骨(指示なければ右のみ)
  • 脳波(火曜日と水曜日午前 完全予約)
  • 超音波検査(頚動脈・甲状腺・心臓・乳腺・腹部・下肢静脈など/火曜日と水曜日午前完全予約)

MRIとCTについては遠隔画像診断による放射線科医師の読影結果を検査翌日(翌日が休みの場合は休み明け)午後にFAXにてお知らせいたします。結果画像は患者さんにCDにコピーさせてお渡ししますが所有権は貴院にありますのでよろしくお願いします。

脳波についてはCDにて読み込み判読結果を添付させていただきます(脳波を紙で返却することはできません)。結果は一週間以内に郵送させていただきます(事情によりその場での返却も可能です)。

超音波検査についてはCDにて主要画像の読み込みと判読結果を添付させていただきます。当日にお返しできます(当院からは超音波画像はプリントアウトしません)。

画像診断ファーストチョイス一覧
画像診断依頼時に必要となる書類

頭痛・めまい・睡眠・てんかん・認知症・漢方と専門外来があるため半数以上の患者さんは遠方から来ていただいております。人口比からいうと安佐南区などは比較的、中区舟入(ふないり)の当院から離れているにもかかわらず多くの患者さんが来院されているようです。また中国5県・四国からの来院も最近は増えて来ております。みなさまの期待に応えれる診療を常々努力したく思います。