診療内容について(認知症)|まひ・しびれ・ろれつが回らない(脳梗塞・脳血栓・脳出血)/めまい・ふらつき・嘔吐(脳梗塞・脳腫瘍・良性発作性頭位めまい症・メニエール病等)/頭痛(片頭痛[偏頭痛]・緊張型頭痛・群発頭痛・薬剤の使用過多による頭痛・くも膜下出血・脳腫瘍・その他の二次性頭痛)/物忘れ(アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・正常圧水頭症等)/眼瞼・顔面のけいれん(片側顔面けいれん、眼瞼けいれん、痙性斜頸)/手足の筋肉がつっぱったり痺れる(筋萎縮性側索硬化症・重症筋無力症・多発性硬化症・上肢痙縮・下肢痙縮)/パーキンソン病・橋本脳症

診療内容

物忘れと認知症

当院は昭和45年より広島市中区舟入(ふないり)で開業しております。したがって当院に46年間も通院されている患者さんがいらっしゃいます。中には100歳を超えてお元気な方もいらっしゃいますが年とともに我々は老いるものです。そのなかで「物忘れ」を訴える患者さんは数多くいらっしゃいます。しかし、意外と思われるかもしれませんが認知症の60%を占めるアルツハイマー病の患者さんの最初の訴えとして物忘れは少なく、頭痛やふらつきやめまいなどの訴えで受診されることが多いのです。なぜなら、初期アルツハイマー病の患者さんは物忘れを自覚しないのが特徴だからです。したがってアルツハイマー病の患者さんが物忘れで受診されるときは必ずといっていいほどご家族がつきそいで受診されます。ご家族が患者さんの物忘れに気づいてご心配されて受診されます。では年齢とともに増える気になる物忘れってなんでしょうか。もっとも多いのが「人の顔と名前が一致しない」とか「車の名前がでてこない」とか「あれ、それ」とかいったように言葉の名前がでてこないのです。これは意味記憶(いみきおく)といって加齢とともに低下するやむ得ないものです。トランプのゲームで神経衰弱というのがありますよね。お子さん(お孫さん?)と勝負したらやたらと子供の方が覚えてたということないですか。意味記憶のように単純な丸暗記的な記憶って年とともに衰えるのです。一方、「昨日は○○に行って××を食べて、その帰りに△△をした。」といった記憶って年をとっても衰えないのです。後者の記憶はエピソード記憶といってアルツハイマー病の初期に衰えていきます。 ですので、単純な物忘れはまだアルツハイマー病ではないのでご心配なく。

認知症について

認知症は脳などに何らかの原因があり起こる状態です。アルツハイマー病以外にもいろいろな病気が原因で起こります。一方、老化による物忘れは、年と共に起こる症状です。認知症と老化による物忘れは異なります。認知症は、脳の神経細胞が壊れたり機能異常を来たしたりするために起こります。認知症が進行すると、だんだんと理解する能力や判断力が落ちてきます。それにより、社会生活や日常生活に支障がでてくるようになります。 認知症の多くは、アルツハイマー病とレビー小体型認知症と脳血管性認知症の三つです。

  • アルツハイマー病 50%
  • レビー小体型認知症 20%
  • 脳血管性認知症 15%
  • その他 15%

その他の中には治る認知症もあります。

正常圧水頭症(せいじょうあつすいとうしょう)

脳脊髄液(のうせきずいえき)が脳室に過剰に溜まり、脳を圧迫することで脳の機能が障害されます。認知症・歩行障害・排尿障害が正常圧水頭症の三大症状です。

慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)

頭をぶつけたりしたときに頭蓋骨と脳の間に血の固まりができ、それが脳を圧迫して脳機能障害を呈します。認知症の他、頭痛や歩行障害などを呈する場合があります。

脳腫瘍(のうしゅよう)

腫瘍組織が直接、記憶中枢に浸潤したり、圧迫したりして認知症を呈します。

甲状腺機能低下症

人間が生きる上でのエネルギー産生部位である甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下して認知症を呈します。甲状腺機能低下症単独で認知症を来すには、その他の合併症(全身倦怠感、徐脈、浮腫など)を認めることが多い。

橋本脳症

甲状腺機能低下症などで出てくる甲状腺に対する自己抗体が上昇します。同時に大脳に対する自己抗体もできてきます。認知症の他、意識障害を呈することも多々あります。

薬剤性

睡眠薬や向精神病薬、パーキンソン病や不随意運動によくしようする抗コリン薬などの副作用で認知症になることがあります。通常は原因薬剤を中止することで症状は回復されます。

栄養障害
  • ビタミンB1欠乏症
  • ビタミンB12欠乏症
  • 葉酸欠乏症

などが代表的な栄養障害による認知症です。

アルコールによる認知症

アルコールを止めれば軽快するタイプのものから、飲酒をやめても脳萎縮が進行するといわれるタイプのものまであります。

梅毒感染

近年増加の一方である梅毒感染症による認知症です。感染直後に出現する場合は髄膜炎(ずいまくえん)のことが多く、通常は、感染より数十年もたってから認知症が出現します。大量のペニシリン投与など抗生剤により治療することが可能です。

当院へ画像診断を依頼される先生へ
当院では昨年より以下の検査をしております。ご利用していただけると幸いに存じます。
  • MRI(要予約ですが当日でも可能な場合があります)*頭部MRI MRA VSRAD など*肩関節 膝関節 足関節 手指 頚椎 胸椎 腰椎 など
  • CT(要予約ですが当日でも可能です)*頭部 頚部 胸部 腹部 骨盤部
  • 骨密度(要予約ですが当日でも可能です)腰椎・大腿骨(指示なければ右のみ)
  • 脳波(火曜日と水曜日午前 完全予約)
  • 超音波検査(頚動脈・甲状腺・心臓・乳腺・腹部・下肢静脈など/火曜日と水曜日午前完全予約)

MRIとCTについては遠隔画像診断による放射線科医師の読影結果を検査翌日(翌日が休みの場合は休み明け)午後にFAXにてお知らせいたします。結果画像は患者さんにCDにコピーさせてお渡ししますが所有権は貴院にありますのでよろしくお願いします。

脳波についてはCDにて読み込み判読結果を添付させていただきます(脳波を紙で返却することはできません)。結果は一週間以内に郵送させていただきます(事情によりその場での返却も可能です)。

超音波検査についてはCDにて主要画像の読み込みと判読結果を添付させていただきます。当日にお返しできます(当院からは超音波画像はプリントアウトしません)。

画像診断ファーストチョイス一覧
画像診断依頼時に必要となる書類

頭痛・めまい・睡眠・てんかん・認知症・漢方と専門外来があるため半数以上の患者さんは遠方から来ていただいております。人口比からいうと安佐南区などは比較的、中区舟入(ふないり)の当院から離れているにもかかわらず多くの患者さんが来院されているようです。また中国5県・四国からの来院も最近は増えて来ております。みなさまの期待に応えれる診療を常々努力したく思います。